予約を忘れた場合は

ビーエスコートはほかの業界にはない料金設定を用意している脱毛サロンですが、うっかり脱毛施術の予約を入れていたことを忘れてしまった場合にはどうなるのでしょうか。

 

ビーエスコートでは、脱毛施術を行った当日に次の施術日を決めていくのですが、施術を行った日から2ヶ月は空けないと次の予約が入れられないことになっています。

 

しかし、あらかじめ2ヶ月先の予定がわかっているという人は少ないのが普通です。

 

そのため、多くの人はとりあえず何もないであろうとだいたいの予測で2か月先の施術を決めていく人がほとんどです。

 

2か月先ですから、カレンダーや手帳、スマートフォンなどに施術日の予定を入れなかったりすると、1か月も経ってしまえば脱毛施術日のことなんて忘れてしまう人も多いかと思われます。

 

もし、脱毛施術日であることを忘れてしまい当日が過ぎてからそのことに気づいた場合には、ビーエスコートでは1000円のキャンセル料が発生します。

 

また、施術が一回分消化してしまい、1回の料金分損してしまうことになりますので何かに予定を控えておくようにするのが良いでしょう。

 

けれども、場合によってはキャンセル料やペナルティが発生しないこともありますが、それはどんな時だかわかるでしょうか。

キャンセル料や一回分の消化が発生しない場合って?

では、ビーエスコートで脱毛施術の予約を入れていて、予約忘れを直前で気づいた場合にはどうなるのでしょうか。

 

それは、どの時点で予約を忘れに気づいたかによっても変わってきます。

 

たとえば、自分の予約時間は始まっていないけれどビーエスコートの当日の営業はすでに始まっている場合には、残念ながらキャンセル料と一回分の消化は避けられません。

 

しかし、予約忘れに気づいたのが前日の、まだビーエスコートが営業している時間であれば、直前であってもキャンセル料は発生することなく、また一回分の消化のペナルティもないとされています。

 

ビーエスコートでは、前日中に予約キャンセルの連絡ができれば基本的にキャンセル料やペナルティは発生しないとされています。

 

しかし、当日の営業時間が始まってから連絡をしても、すでに予約のための準備などをしてしまった後ですし、そのためにスタッフ側も準備しているのですからキャンセル料が発生してしまっても仕方ないといえるでしょう。

 

ただ、ほかの大手の脱毛サロンに比べてキャンセル料は低いのが良いところといえます。

 

急な用事の場合には仕方ないこともありますが、ただ忘れただけではキャンセル料やペナルティが発生しても仕方ないとして、次の予約からは絶対に忘れないようにするのが望ましいといえます。