ビーエスコートを解約する方法

ビーエスコート

 

ビーエスコートは脱毛とエステを行なってくれるサロンです。

 

顧客満足度が高いサロンとして有名ですが、県外に引っ越したり不満があったりと解約をしたくなる場合もあるかもしれません。

 

かならず契約前に解約方法についても知っておく必要があります。

 

ビーエスコートでは契約時に契約書にサインする前にスタッフさんが重要事項として解除と解約関連の事項についても読み上げて説明してくれます。

 

ただできればスタッフ側としてはやめてほしくないのであまり詳しく説明してもらえないこともあります。分からなければきちんと聞いて納得してから契約するようにしましょう。

 

辞める場合の方法は、ビーエスコートの場合電話一本で終われるわけではありません。

 

ただ勝手に通うのをやめるのと違い、未使用分の施術回数によってお金の返金もあります。

 

保険が適用されないため、脱毛代はかなりの金額です。

 

たとえ面倒であっても書類を記入して、実際にお店に行って手続きを行なうようにして、もらえる金額はもらうようにしましょう。

 

返金分はその場では支払われませんが、2週間から3週間くらい待てば指定した講座に振り込まれる形になります。

ビーエスコートの解約は電話一本では終わらない

ビーエスコートの解約は電話一本では終わりません。

 

コールセンターに解約の旨を伝えると必要な書類が送られてきます。それに記入して印鑑を押して、店舗に持っていくか返送する必要があります。

 

契約しておきながら自己都合でやめるとはいえ、違約金が発生することはありません。

 

ただ、解約手数料というのが発生するので注意しましょう。ビーエスコートの場合、やめるための条件というのもなくいつでも自分のタイミングでやめることは可能です。

 

契約して8日以内であれば、ビーエスコートもクーリングオフの対象となります。こちらもコールセンターに電話して伝えるようにしましょう。

 

契約書などの書類は手続きを行なう上で必要となります。そのため脱毛で通っている期間はなくさないよう注意しましょう。

 

辞めるときの精算のためにも、一括で支払った場合にはその金額を、分割なら分割でやめるまでにどれだけ払ったかを記録をつけておくようにしましょう。

 

途中でやめた場合、残りの回数分のお金が戻るとはいえ、丸々全部返ってくるわけではありません。手数料などを引くとそれほど残りません。

 

損をしたくないのであればあまりやらない方がよいのです。まずは契約前によく検討することです。